The most popular articles on Japanese Wikipedia in January 2020

WikiRank.net
ver. 1.02
# Changes Title Popularity
1+859唐田えりか
2+2白石麻衣
3+4594東出昌大
4+77143三宅雪子
50鬼滅の刃
6+14149武漢市
7++オルトコロナウイルス亜科
8+3440杏 (女優)
9+26649重症急性呼吸器症候群
10+84明智光秀
11+135レバノン
12+67麒麟がくる
13+531カルロス・ゴーン
14+11916コービー・ブライアント
15+7King Gnu
16+305河井案里
17++德勝龍誠
18+2232斎藤道三
19+468上白石萌音
20+306上白石萌歌
21+307メイドインアビス
22++SARSコロナウイルス2
23+2櫻坂46
24+760加藤紗里
25+1196テセウスの船
26+4990山路和弘
27++新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)
28+897杉田水脈
29+6798宍戸錠
30+254清野菜名
31+23217北条義時
32+732田中圭
33+24ファーストサマーウイカ
34++アンナ・メイ・ウォン
35+4184朴璐美
36-8ウィキペディア
37-25佐倉綾音
38-31スター・ウォーズシリーズ
39-10Official髭男dism
40+465森まさこ
41+2403ダーウィンズゲーム
42+1985濃姫
43+5467渡辺謙
44+798龍が如くシリーズの登場人物
45+3579教場
46+4867虚構推理
47+744とある科学の超電磁砲
48+16400メーガン (サセックス公爵夫人)
49+18283フラーム
50+178Re:ゼロから始める異世界生活
51+5762異種族レビュアーズ
52+3788痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。
53+1343GACKT
54+1889イラン
55+190黒島結菜
56+11乃木坂46
57+4933映像研には手を出すな!
58-25米津玄師
59+470阪神・淡路大震災
60++アンティオキアのマルガリタ
61+1389河井克行
62+4598鈴木達央
63+765絶対零度 (テレビドラマ)
64+41男はつらいよ
65+8113パンデミック
66+787賭博黙示録カイジ
67+82織田信長
68+307ゆるキャン△
69++土岐頼純
70+20239イスラム革命防衛隊
71+19558ヘンリー (サセックス公)
72-53ソードアート・オンライン
73+159岡田更生館事件
74++ガーセム・ソレイマーニー
75-52日本
76-28ウィキ
77+4827ドロヘドロ
78++MERSコロナウイルス
79+601本田翼
80+52248寝ても覚めても
81+701東京箱根間往復大学駅伝競走
82+1669弘中惇一郎
83+1374とある魔術の禁書目録
84+1502テセウスの船 (漫画)
85+1509長谷川博己
86+849SixTONES
87-42スカーレット (テレビドラマ)
88+2476マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝
89+11510青谷優衣
900東日本大震災
91+89888原知佐子
92+56今田美桜
93+798エリザベス2世
94+1279伊集院静
95-41アメリカ合衆国
96+882平手友梨奈
97-21Twitter
98+3570魔術士オーフェン
99+6474病室で念仏を唱えないでください
100+220大河ドラマ
1-100 | 101-200 | 201-300 > >>

Quality statistics

About WikiRank

The project is intended for automatic relative evaluation of the articles in the various language versions of Wikipedia. At the moment the service allows to compare over 40 million Wikipedia articles in 55 languages. Quality scores of articles are based on Wikipedia dumps from March, 2021. When calculating current popularity and AI of articles data from February 2021 was taken into account. For historical values of polularity and AI WikiRank used data from 2002 to 2021... More information